in other client

「クンダリニー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: クンダリニーとは

2020-08-26

第45期囲碁名人戦第一

Twitterフォロワー村長8000人で芝野名人4000人ということから察するに、はてな村の半分くらいの規模を誇る囲碁通信です。

https://anond.hatelabo.jp/20200824205956

前回、ゴシップとクソニュースけが目的だったのではなかったのにもかかわらず、書いているうちに名人戦はどうでもいいやと忘れてしまたことを謝罪しなければなりません。本来ならば

明日明後日囲碁名人戦!一日目の裏番組がAbemaでの竜王戦挑決?所詮タイトルも持ってない羽生を誰が観るか!こちらの史上最年少名人しばのvs国民栄誉賞ゆうたは日本囲碁最高峰ゴールデンカード将棋連盟おわったな!

などと炎上覚悟宣伝すべきであるところ、誠に申し訳ございませんでした。

そんな放送の録画をはこちらのURLで見ることが出来ます

https://www.youtube.com/watch?v=sBle346Hp0I

ホテル椿山荘で盛大に開催している割には2020年にまるで北朝鮮からサッカー中継の画質、実はダイオウグソクムシ放送ではないかと疑うほどに動きがなく、大盤解説は1日2回朝日新聞チャンネルで!という最高品質に酔いしれる。

「もう悪いことは言わないか幽玄の間は諦めろ、みんな野狐で打ってますよ」という民の怒りの声が聞こえないのか、素人Youtuber以下の装備で数時間に一回の解説に懸命な平田と孫の姿に号泣必死。この感動大長編に「一緒にイゴ泣きしません?」のキメ台詞を加えれば気になる人とのデートムービーにもってこいだ。

まりの低視聴者からニコニコとアベマに叩き出されたことを開き直り、全力で後ろに向かって突っ走った結果がこれである。ついに日本棋院は同時視聴者数が5000人を余裕で下回る偉業を達成し二流どころか三流のYoutuber組織恐竜進化を遂げた。三大タイトル戦ですら本田翼に比べ三十分の一以下であることを踏まえると、日本棋院がジオン棋院に改名する日は近い。

ちなみに放送最初から最後まで視聴するとクンダリニーシャクティ覚醒させるのに非常に有効なことを皆様はご存知でしたか山城宏が禅語を毎日ツイートしている真の理由チャクラを開くためだということが理解できます

やたらハイペースに進んだ1日目に井山挑戦者が大きなリードを奪ったところで「そういや井山vs虎丸というと今までも碁の内容は……」という考えが頭をかすめたが、2日目の虎丸名人決死の猛追で最終盤のヨセ勝負へ……わずかに届かず。と終盤になるにつれエキサイティングだった名人第一局。碁の内容が良ければ流行るなら、世は空前の囲碁ブームであるのだが。

おしらせだけ

https://www.youtube.com/watch?v=FqSP57kR7eU

https://www.youtube.com/watch?v=3jxVk2Gs-JY

2018-07-14

[] アビラケツノミコト「神軍を率いる光の命」

オウム真理教の「アビラケツノミコト」とは、一体何だったのでしょうか?

1985年には「アビラケツノミコト(神軍を率いる光の命)になれ」と啓示を受けたと述べる

アビラケツノミコトとは「軍神を率いる光の命」という意味単語だそうです。

 

アビラケツノミコトの初出は、「トワイライトゾーン1985年10月号(KKワールドフォトプレス刊)でした。

考証の資料として、原文を見てみましょう。

アビラケツとは、地水火空の意味で、アビラケツノミコトとは、「神軍を率いる光の命」、戦いの中心となる者

 

仏教用語サンスクリット語a vi ra hūṃ khaṃの音写。以上の5音綴は,それぞれ万有の構成要素である地,水,火,風,空を表わし,大日如来内面悟りを表明するとされる。一般には,すべてのことを達成するための一種呪文として用いられる。

地水火風空(a vi ra hūṃ khaṃ)のうち「風」(hūṃ)が揃ってないので、まだ不完全(未完成)な状態、という意味もあったようです。

 

トワイライトゾーン 1985年10月

編集部不思議体験レポート(22)

最終的な理想国を築くために

神をめざす超能力者

レポート/■■■■■

 

今月号の口絵14ページで、空中浮揚の連続写真を紹介した麻原彰晃氏。彼は師にもつかずに、独自修行でこのレベルに到達した。だが、この超能力者目的は、はるか先にある。

 

★8年前、すべてを捨てて修行に入る

 麻原彰晃氏。あと1年もすれば、空を自在に飛ぶ人である

 彼は、特定宗派の僧でもなければ、団体トップに座す人でもない。人間の師ももたない。彼の修行独自で、しかも数千年も伝わる聖典の奥儀なのである

 麻原氏が修行を思いたったのは今からわずか8年前である。世の中すべてのものに強い矛盾を感じたのだ。何もかもウソだ。自分さえもウソツキだ。まわり中のこと一切が限りなくイヤになった。

 どうしたら正しく生きられるか。彼は、その日からすべてを捨て、行に入った。

 行は毎日2~5時間に及ぶ。仙道大乗仏教密教、チべット密教ヨガひとつに執着せず、数数の修行法をとり人れ、自分が納得する形で行なっていった。

 修行を始めると、様々な神秘的なことが起こりだした。たとえば、トランス状態での異言。

 その時のテ―プを聞かせていただいた。東洋系の言葉らしいが、私としては、TVなどでも聞いたことのない言葉だ。口調はかなり激しい。過激な説法、または、訴えのように聞こえる。

アジアの、インド中国チベット、その辺の言葉だと思います。おそらく、自分過去生と関係のある言葉でしょう」

 麻原氏が、修行8年にして空を飛ぶということは、過去生でかなりハード修行をしていたに違いない。彼は、テ―プに吹き込まれ自分の口から発した言葉を訳せる人を希望している。でも、もしかしたら、現在ではすでに死滅してしまった言語かもしれない。

 修行3年にいたったころ、彼の魂は彼の肉体を抜け出し始めた。「体が回転するような感じになったんです。ウォンウォンというモーター音に似た音がして、それからシューという音がしたんです。その時、魂が抜け出してゆきました。

 抜け出した先で、魂は宇宙の星星を見たり、『人』と会ったりするんです」

 こんなこともあった。シャヴァアサナ(屍のポーズ)をとり、トランス状態に入っていた。

 彼は、大ス夕ジアムのようなところにいた。観客スタンドは、裸の僧で埋まっている。中心で、やはり裸の僧の彼が説法をしている。

霊界での説法なんですね。私はそこで説法をして帰りました」

 聖典を読んで帰ることもあるという。魂が、修行において気になることを調べに行くのだ。

自分現実で読む本を先読みしているのです。だから、実際に読む本の内容は、すでに知っていることが多いのです」

 魂が抜け出さずとも、本の内容を理解していることも度々ある。修行中「ああ、これはこういうことなんだ」と感じた通り、後に読む本に同じことが示されている。

 もちろん、修行危険が伴わないわけではない。普通だったら死んでいるというような目にあったことも1度や2度ではない。

「その時は、自分守護神に頼むのです。そうすれば、必ず、元のところに帰ってこられる」

 

★突然、天から聞こえてきた神の声

 麻原氏には、たくさんの信仰している神、守護している神がいる。彼は、それらの神々から修行法を学んでいるようである

トランス状態とき、神々が現われることがあります。神々はヒントを与えてくれることもあります。または私が質問し、神が答える。質疑応容形式のこともあります。その中で得たのは、『生きることを否定せよ』ということです」

 麻原氏は、いつも出会う神とはニュアンスを異にする3人の女性出会っている。彼には、霊界人とも宇宙人とも感じられた。

「まず1度めは、5年前。妻の出産の時のことです。朝、自宅で目覚めるとロングへアで緑色の服を着たグラマーで美しい女性が、私に向かってオイデオイデをしているんです。

 全身はエーテル体とも思えるもので、炎の赤をしているのです。髪の色は、全身の色を薄くしたような感じで、ジャンパースカートのような形の服に茶色のべルトをしめていました。

 会話はありません。『私があなた守護しているのです』と私に見せているように思えました」

 2回めは2年前です。自宅で、眠る直前のことです。髪は肩まで垂らし、オレンジ色の服をきた目鼻立ちの美しい女性でした。体色は人間と同じでした。この時も会話はありません。

 3回目は今年の5月。ここ(麻原氏の道場)でです。髪の長さは肩ぐらい。やはりオレンジ色の服ですが、体の色は、何というか、この世にない色なんです」

 3人の女性たちは、共通して美しく、グラマーであり、口をきかない。決まって、彼の左側に現われる。そして、彼女たちが去った後、場の空気が揺らぐという。

最後はいつも、霧のようにかき消えてしまますひとつ修行が進むと、異なった人が現われるんです」

 麻原氏は、これまで世に出ようとは考えなかった。ところが、ある時、声を聞いたのである

地球はこのままでは危い!』

 彼は今、シャンバラのような王国神仙の民の国を築く準備を開始するため、多くの人に修行法を関放する必要を感じた。

 今年の5月のことである。彼は神奈川県三浦海岸で頭陀の行を行なっていた。五体投地をしていたときのことである。突然、天から神が降りてきた。神は彼に向かってこういった。

あなたに、アビラケツノミコトを任じます

 アビラケツとは、彼の初めて聞く言葉であった。彼は、サンスクリットを教えている人を訪ねた。

 すると、アビラケツとは、地水火空の意味で、アビラケツノミコトとは、「神軍を率いる光の命」、戦いの中心となる者と判明したのである

 彼は、天から降りてきた神によって、西暦2100年から2200年頃にシャンバラが登場することを知り、それまでアラビツノミコトとして戦うように命じられたのである

 彼は考えた。チべットのような王国を造らなくてはならないことはわかっている。しかし、チベット戦争を好まない国である理想国を造るため、戦さを用いてよいのであろうか。

 彼は、シヴァ神や、ヴィシュヌ神などの自分信仰する神々や自分守護してくれる神々に相談した。神々は「命を受けるべき」と返答した。

 

完璧超能力者たちの国をめざす

 麻原氏は、神を感じるだけでなく姿を見るという。それによると、たとえばシヴァ神は、白銀のような色、ドライアイスのような色の神体を持っているという。

 ところで、ここでいうシャンバラとは幻の国、聖人たちが住み、全宇宙の、そして過去から未来永劫に至るすべての英智が納められている国である。かつて、秦の始皇帝アレクサンダー大王も求めてやまなかった土地なのだ

 シャンバラは、地下深くにあるといわれている。そして、地球上のある地点からは、シャンバラへの通路が開けているという。

 その昔、チべットの首都ラサにあった古ポタラ宮の地下の一室はシャンバラへの入口であったと伝えられている。そこで、チべットはシャンバラの影響を受け、チべット密教を開花させたのだ。

 聖者たちのひと握りの者たちはシャンバラを訪れることができる。そこで、ある者はシャンバラの住人となり、ある者たちは社会に戻り、許された者にだけシャンバラを伝えたのである道教の祖・老子は、シャンバラの人になったといわれている。

 麻原氏の話に戻ろう。

2006年には、核戦争の第1段階は終わっているでしょう。核戦争なんて、ほんの数秒で終わってしまい主す。日本死の灰の影響を受けているはずです。

 核戦争は、浄化手段ですね。だから、私は『ノアの箱舟』も信じられます。選りすぐったレべルの高い遺伝子だけを伝えるんです。

 だけど、人が『自分の分け前をさいて人に与えよう』というように考えない限り、『浄化』はなくならないんですね。そういう気持ちになかなかなれないのが人間でしょう。

 もし、それが真実でないとしたら、地獄餓鬼畜生人間阿修羅・天という六道はなくなってしまうでしょう。

 私の目指すのは『最終的な国』なんです。それは、仏教的・民主主義的な国で、完璧超能力者たちの国なんです」

 

★神が授げた神秘の石ヒヒイロガネ

 そのためには、修行解脱しかないのである修行意味を麻原氏に語っでもらった。

 「修行とは、ジュースの1滴を、テ―ブルクロスの上に落とさず、水の中に落とす、ということなんです。1滴のジュースとは、人間のことです。1滴のジュースは、テーブルクロスの上に落とせば、ただのシミです。でも、水の中に落とせば広がるでしょう。

 水の中にただ1滴のジュースを入れたって、水は色を変えないでしょう。でも、水の中には確実に1滴のジュースが入ったんです。

 魂の根元的な状態ですね。拡散した1滴は、水の中のことすべてを知り、経験できるんです。これが空であり、寂静です。高次元昇華した状態ともいえます

 大きな水がめの中の世界体験している麻原氏の身辺は、アラビツノミコトを任じられて以来、急転しだした。

 修行岩手県におもむいたときのことである。彼は、天からオリハルコン、またはヒヒイロガネと呼ばれる神秘の石を与えられた。

 ヒヒイロガネとは、超古代文献『竹内文献』などにも登場する石である神社玉砂利のように滑らかだが、それよりずっとツヤがあって黒い。ズッシリと重たく、力ネの名の通り、金属的な感じの石なのだ

 麻原氏は、この石の様々な利用法を考案中である

 水を張ったバケツに石を入れ、念を入れる。その石で円陣を作り円陣の中で瞑想する。

 ヒヒイロガネは、手に入れた人誰にでもパワーを発揮するものではないという。念を入れられる者の手にわたってはじめて、パワーを与えられ、驚異の力を噴き出すらしい。

 念を入れたヒヒイロガネは、多くの人々を同時にトランス状態にすることもできるという。この石については、いずれまた機会があったら報告したいと思う。

 麻原氏に行法の一部を実際に行なっていただいた。

 麻原氏は、座して、様々な印を結ぶ。印は2、3秒で変化する。

「これはチャクラ開発のための印です」

 次に、立ち上がり、上半身を少し前方に傾けた。腸というか、腹の中がゴロゴロと動き出した。これは浄化法・ナウリのひとつ。腹にあるマニプーラ・チャクラ覚醒に役立つ行だ。

 次は仰向けに寝てから足を天に持ち上げるショルダースタンドの形。空中浮揚に欠かせないビシュダ・チャクラ覚醒目的だ。

 それからライオンポーズ。これは、クンダリニー覚醒必要ポーズである

 麻原氏の修行には、かなり危険ものも多い。たとえば浄化法のひとつで、幅7センチ、長さ3メートル半の布を呑み込むというものなどだ。この時は、呼吸ができなくなるほどだという。

 

重要なのは正しい生活食事修行

 彼は、修行中、シャヴァアサナに入ったときチャクラの光を度度見るという。

 ちょうどフラッシュがパッパッと飛ぶような感じで、下のチャクラから順に光を放ち、同時にやはりフラッシュのような音がするという。音と画像シンクロするのだ。

 経験によると、音と光は様々な神秘体験には、共通して現われるらしい。たとえば未来過去タイムトリップするときは、マーチリズムのような音、霊体が離脱するときブーンという振動のような音。

 これは、各種の教典とも矛盾しないという。そこで、そのような音を作って流せば、修行者は案外簡単タイムトリップや霊体離脱経験できるのではないかと麻原氏は考えている。

 それでは、私たちがすぐにでもできる修行法について尋ねてみた。

「それは、まず何よりも五戒ですね。1が殺生をしないこと。蚊が自分の血を吸っていたら吸わしておくことです。

 2が盗みを働かないこと。

 3が誠実にして、ウソをつかないこと。

 4が邪淫をつつしむこと。

 5が禁酒すること。

 以上の五戒に徹することですね。悪の行為をやめ、将来にするだろう善行をどんどんすることです」

 集中的に瞑想などをしようと思うなら、空気きれいなところの方が効果的だ。プラーナ(気)の満ちあふれた海や山を選ぶとよい。ただし、風のないところで行なう。地・水・火・風・空のエネルギーは、想像以上に誘惑的なのだ

 次に、食物は、玄米菜食の方がよい。1日に1回、または2回。または少しずつ、数回に分けて食べる。ヨーガの激しい修行をする行者の場合、日に1800~2000カロリー理想といわれている。一般の人なら1200~1500カロリーで足りるだろう。ただ、カロリー栄養とは異なるから栄養はしっかり摂らなくてはならない。

「(日に)3食は獣の食事、2食は人間食事、1食は聖者食事という釈迦言葉があるんですね。

 でも、日に1食では、一般的には栄養が足りなくなってしま心配がありますから。日に1度という場合は、夕方に摂るのが理想ですね」

 玄米菜食だけで、スワジスターナ・チャクラ(腰・仙骨)までは開発できる。しかし、それより上のチャクラは、修行しか開発できない。

「スワジスターナ・チャクラ植物を司るんです。ここが開発されれば、低い次元超能力は身につきますね」

 麻原氏は、腹のマニプーラ・チャクラが開くまでは、外食は一切しなかった。もっとも、化学物質などの変なものを食べることを体が受け付けなかった。

 でも、今は多少腐ったものを食べようが何を食べようが平気である。火のエレメントがすべてを燃やしてしまうのである

 チャクラが開くということは、規制がなくなるということも意味しているのだ。

 尾骨のムラダーラ・チャクラが開くと規制され、腰のスワジスターナ・チャクラが開けば性欲の規制がなくなる。腹のマニプーラ・チャクラが開けば食欲の、胸のアナハタ・チャクラが開けば行為規制がそれぞれなくなる。

 規制がなくなるとは、「何をしてもいい」ではなく、規制をせずとも自動的コントロールされるということである

食べ物に気をつけるのもいいが、もっと大切なのは精神です。食物の害より精神の害の方がずっと悪いです。肉を食べたからってすぐ内臓が悪くなることはない。でも気持ちに及ぶ害は、すぐに体を悪くします」

 つまり、肉体への栄養よりも精神への栄養の方が大切なのだ適当食事よりは、瞑想1時間の方がずっと栄養になるらしい。

物質人間は救えないということをもっとよく考えるべきなんですね」

 

超能力自分を神々に変えていく

 正しい食事をし、正しい修行から得られるもの、それが超能力である最近は、魂の浄化・向上こそ第1義で、超能力邪道という考えも広まりつつあるので、麻原氏における超能力の実義をしてもらった。

「魂の進化・向上という考え方がありますが、それは、人間の魂が阿修羅・神々に至ることなんですよ。つまり超能力の獲得と魂の進化・向上ということとは、矛盾しないばかりか、正しい相関関係にあるんですよ」

 それゆえ麻原氏は自分を神に変える修行をし、「完璧超能力者集団」と彼のいうところのシャンバラ王国設立するべく、神軍を率いて戦うのだ。

 麻原氏のまず当面の目標は、自由自在に空を飛べる空中浮揚。それと、大脱身を成功させたいという。

「これは、アジナ・チャクラから自分の魂を抜き出させ、目的としている相手身体に人る超能力のことです。これが可能になると、三界欲界色界無色界)を自由に行き来できるんですよ。ここまでくると、もう人間といっていいかどうかわかりませんけどね。また、核戦争の脅威から身を守るには、極熱にどれぐらい耐えられるか、放射能いかに防ぐか、ということになると思うんですよ。今の修行方法でそれに耐えられる身体はできると思っています

 麻原氏は、空中浮揚の初歩までの修行か達成した。しかしながらこれは、全修行の段階の4分の1にすぎない。生きているうちに、全部達成できればいいという。

「私は、ハ夕ヨガでいうところの解脱はすでにしています。真我も見ています。これから求めるのは仏教でいう真解脱です。それがいくつもの決め方がある解脱のうちでも最高のものとされています

 もし、真解脱ができたら――もっともっと修行しますね」

 修行を達成した人間は、次の生を好きなように形づくれるという。麻原氏の中には、地球自分宇宙、神々……超大な計画がもくろまれているのかもしれない。

2016-12-05

アレフ勧誘を受けた

帰り道大通り駅で地下鉄を乗り換えていたら突然女の子連れのおばさんに話しかけられた。「マインドフルネスって知ってますか?」「ヨガを習っているんですが、自分講師になる練習がしたいので練習相手になってほしい」と。明らかに胡散臭くて面白そうな匂いがしたので連絡先を交換して別れた。

翌日連絡があってその週末市内某所のファミレスに呼び出された。まず俺とおばさんの2人(もしくはプラス子供)かと思ったら、子供に加えてもう先に一人若い男が来ている。田中さん仮名)と呼ばれた彼は年は23歳で俺のひとつ下でパチンコ店員をしていて、一ヶ月くらい前にカレーを食べようと思って歩いていたところ俺と同じように駅で声をかけられ、その日のうちにレッスンを受けたという。なんでヨガを習っているのか尋ねると自分頭が悪いからと言う。たしかにIQ80くらいに見えた。おばさんが「毎日10時間睡眠だったのが6時間睡眠になった」「田中さんはその日の内に実践したので効果はすぐに現れた」と重ねる。

そんな話をしたところでチャクラ診断とやらをする。いろんな「人助け」とか「ホラー映画」とか40〜50個くらいの項目に「よく当てはまる」「当てはまる」「当てはまらない」で回答していく。それぞれ2点1点0点が与えられ、各設問は5つのカテゴリに別れ、最終的に5つのスコアが現れた。

それっぽい折れ線グラフ作成され「あなたは〇〇な人ですね」みたいにいろいろ浴びせられる。詳しく覚えてないが、そのうち喉が悪くなるカテゴリの点数が高かったらしく「喉の風邪をひきませんか?」と言われたが、風邪を引いたら大抵喉は痛くなるものだと思い「普通です」と答えると「そのはずはないです」不満げになられたりしながら、本題のヨガ講義をするに前に自己紹介スライドを見せられる。

これまで曹洞宗の父とクリスチャンの母の間に生まれて、周りの大人がみんなバカに見えて、小学生のころテストをしたら知能指数道内一番だと言われたけど、頭良く振る舞っても損しかしなかったのでバカのふりをしてたら本当にバカになってしまって、悪さと享楽の限りを尽くしたが、ヨガ先生出会ってヨガを学んで大切なことお金とかそういうものじゃないと気づき、今では六年くらい経って最高に幸せだ、みたいなことを言っていた。

かつてどんな悪さをしたのか聞いたら「男遊びとか、ときには薬とかにもを手を出しました」と言う。隣に娘がいるにそんなこと言っていいのかと内心ツッコミを入れつつ「そりゃ大変でしたね」みたいな反応しかできなかった。あと三年前から姉と2人の会社社長をやっていて、市の援助を受けた新規企業の成果発表会で、ヨガの教えを取り入れた発表をしたら一番評価された、みたいな自慢をされた。そんな感じの話を聞いたあたりで、最初のレッスンが始まった。

内容は大別して、嘘を言わないとか人に優しくしようとか極めて道徳的に当たり前なことと、チャクラとかクンダリニーとか理解不能オカルトものと、いか自分先生ヨガ修行を30年近くしてる)がすごいか、の3種類に分かれた。1つ目に関しては、不要言葉は削ぎ落として(あいさつでさえ)意味あることだけ言うようにしようとか賛否ありそうな点もあったが、普遍的ないわゆる良い習慣なことばかりで「なるほど、そうですね」みたいな感じだった。問題は後ろ2つで、本当に意味不明だった。チャクラは腹の中のぐるぐるしたものクンダリニーから溢れ出ていくつかのゲートを通過して頭頂から突き抜けていき、これを極めると覚醒するのだという。そしてピラミッドチャクラ装置であり、クンダリニー覚醒して実際に訪れてみれば分かる、と言う。耐えきれなくって「いやそんなわけないでしょwww」と笑っていると、真剣に「そうやって思うのは覚醒してないからだ」「私も娘もクンダリニー覚醒してるのでわかる」と言う。3つ目の師匠に関して本当に謎だったので「会ってみたい」と言うと「面会には1000円かかる」と言われて「さすがに金はかけたくないっす」と素で反応してしまった。こんな応酬をしたあたりでタイムアップ。「良ければあと3回くらい予定を入れましょう」と言われたがさすがにそこまで付き合えないので「とりあえず来週土曜」と時間場所は決めなかった。最後資料の入ったクリアファイルプリントを抜き出して田中さんと俺の分けて渡されて、「また会うのなら」とクリアファイルごと貸し出されそうになったが、さすがに荷が重く思いプリントだけ貰って解散となった。

寝不足で朝飯も食っておらず勝手におごりだと踏んで少し高めの900円くらいのエッグマフィンプレートを頼んでいたが、まさかの割り勘でテンションだだ下がり。店を出るとおばさんと田中さんと2人はさら用事があるのか俺だけ駅へ帰ることに。

帰り道に即座に友人に「激ヤバ資料ゲットしたwww」と連絡すると近くに居たので帰りの足で合流。近くのカフェに入って何かやばめの勧誘なのは間違いないみたいな話をしていると友人がプリントに「グル」というワード発見アレフと気づく。それからはいろいろと腑に落ちまくってなかなかのカタルシスだった。逆にそれまでに気づかない自分の警戒心のなさに愕然とした。

とまあ、何が言いたいかと言うと「ヨガ」というキーワードを出されて延々オカルトな話を聞かされても一般人(少なくとも俺や田中さんに至ってはおそらく今も)はそれに気づくことができないし、札幌市もそういうヤバめなおばさんのやってる会社を援助しちゃうし、未だにカルト現代社会に息づいていて、社会勉強で、年末にして厄年っぷりを発揮したなと思ったのでした。

2012-09-17

自慰(=オナニー)は霊長類進化史上最大の失策

我々の祖先自慰(=オナニー)を覚えたことで決定的な足枷を背負うことになった。

自慰とはオナニーとも呼び、オマンをこすり立てることをそう呼ぶ。ただし男性場合は陰茎で代用可能である

巷ではオナ禁と呼ばれるものが盛んだがこれは男性特有で、自慰に対する後ろめたさや誤った健康効果の盲信などから来るもので、梵行(仏道修行における禁欲の行)や

シャーマンがパワーを充填するために行うような禁欲、ヨギがクンダリニーエネルギーを漏らさないために行う禁欲などとはまったく本質的に異質である

そもそも梵行は性的なことに一切触れないものであるから、一般的なオナ禁よりもむしろ「エロ禁」(淫らなことを一切考えないし触れないという禁欲)のほうが近しい。

エロ禁はまだあまり世間では知られていないがオナ禁とは比べものにならないほど効果が高い。

2012-04-11

オウム真理教ナウい教化法”を実践した広瀬死刑囚手紙 vol.4

【vol.3「宗教的経験(後半)」】はこちら。

恐怖心の喚起

 恐怖心を喚起する思想も極めて有害です。オウムにおいては、信徒の思考や行動が教義に沿うものに著しく制限されました。

 ただし、その思想に触れて間もないうちは、恐怖心を喚起する部分が含まれていても、それに気付かないかもしれません。私自身も、クンダリニー覚醒前は、麻原の著書の地獄餓鬼動物などの記述はまったく気になりませんでした。

 その経験を振り返りますと、私の話がどれだけ伝わったか心もとなくなります信徒の心理において、苦界へ転生する恐怖から回避無視できない要素なので、その恐怖が実感できないと、信徒特有の思考や行動は理解が困難だろうからです。実感は難しいかもしれませんが、その恐怖のために、たとえ自身の生命健康が損なわれる事態に直面しても悪業となる行為はまったくできません。私の経験としては、次のことがありました。

 地下鉄サリン事件とき、私がサリン中毒になったので(本文三十六頁)、あらかじめ指示があったとおりに、送迎後の信徒が車で教団の付属病院に連れて行ってくれました。ところが病院関係者に話が伝わっておらず、事情がわからないようでした。しかし、私はサリン中毒を伝えられませんでした。「ヴァジラヤーナ救済」の任務に関することを関係者意外に話すと悪業になったからです。結局、私は病院での治療を断念し、医師の林郁夫のいる集合場所に行き、治療を受けました。

 また、地下鉄サリン事件逮捕された後、教団の指示どおりに当番弁護士を一回お願いして、拘留場所を教団に伝えましたが、右と同じ理由で事件に関する相談はできませんでした。常識的には、弁護士相談しながら取り調べを受けます。また、それをしないことは連日十時間の取り調べが続くなか、自らを孤立させることになるとされています

 これらのことは、重大事件で逮捕された状況において、極めて不利です。しかし、悪業となる行為はできませんでした。

 さらに、事件の動機である「ヴァジラヤーナの救済」の教義と麻原の地下鉄サリン事件への関与については、供述すると無間地獄宇宙創造から破壊までより長い期間苦しむ地獄)に転生しかねないので―また、この教義を聞く資格のない人に話すと誤解され、その人が将来にわたって救済されなくなるともいわれていました―、この事件の捜査間内には供述できませんでした。

 取り調べの最終日、事件の核心部分を追求する検察官を、悪業を犯すまいとする私との間に必死の攻防がありました。

問)麻原尊師のことや事件の動機、目的も話さなければ、反省したとはいえないのではないか

答)……

問)話せない理由は何か。

答)お話できません。

―ではこちらから質問する。

問)今回の事件はヴァジラヤーナの教義に基づいたものではないか

答)答えられません。

問)ヴァジラヤーナでは、「ポア」のために他人の命を絶つことも許されるのではないか

答)答えられません。

問)その教えを麻原尊師が説かなかったか

答)答えられません。

問)麻原尊師の指示は、いかなるものでも絶対に従わなければならなかったのではないか

答)必ずしもそうではありません。

問)では、どういう場合に従わなくていいのか。

答)何ともいえません。

―ほら、やはり従わなければならないじゃないか

問)今回の事件は、麻原尊師の指示ではないか

答)黙秘します。

問)村井大師は、サリンを撒くと切り出したとき、それが麻原尊師意向であることを話さなかったか

答)黙秘します。

問)今回の事件の後で、君は麻原尊師に事件の報告をしていないか

答)黙秘します。

―(ある信徒が描いた図を見せながら)〇〇が図まで描いて、君たちが報告したことを話しているのに、話さないのか。

問)君は、今回の事件に関与した仲間については話しているのに、なぜ事件の目的や動機、報告については話さないのか。

答)答えられません。

問)君が黙秘するのは、それが麻原尊師に関係する部分だからではないか

答)黙秘します。

 当時は、なるべく悪業にならないように、教団とは無関係なこととして、地下鉄サリン事件における自身の行為はすべて供述していました。しかし、自身のことを供述しても、事件の動機や麻原の関与を供述しなければ反省していないとみなされ、身を滅ぼしかねない状況でした。加えて、質問の内容から検察官がそれらのことを既に知っていることは分かり、一般的見地からは、私が供述しても誰にも影響しないことは十分に理解できる状況でした。それでも、金縛りにでもあったかのように、供述できなかったのです。

 以上のように悪業とされる行為ができなくなる傾向は、クンダリニー覚醒直後に現れました。オウムに入信する段になって、気に掛かったのは、「複数のグル修行指導者)の指導を受けると、その異なるエネルギーの影響で精神が分解する」との麻原の著書の記述でした。当時、私はある瞑想団体に入会していたからです。私は不安になり、クンダリニー覚醒したその日に、団体に脱会届を郵送しました。

 また、私は釣りが好きだったのですが、それは悪業になるので、クンダリニー覚醒以来一度も行いませんでした。そのほか虫も殺せなくなるなど、恐怖のために教義で悪業とされる行為はできなくなったのです。

 このような状態は、次のように、宗教的回心において現れるといわれています

 私たちはある思想を繰り返し繰り返しいだき、ある行為を繰り返し繰り返しおこなっている。しかし、その思想の真の意味が、ある日はじめて、私たちのなかに響き渡るのである。あるいは、その行為が突然、道徳的に不可能なことに一変しているのである

(前出 ジェイムズ

 オウム信徒には、同様に悪業を為すことに強い抵抗を感じる者が多数いました。このような宗教的悪業の教義に関して、文献では次のことがいわれています

 さらに、宗教が単独で精神的問題を引き起こす場合がある。フロイトが主張するのは、「イド」と「スーパーエゴ」とのせめぎ合いにおいて、宗教スーパーエゴの側に立つということである宗教戒律や禁制は、性的衝動や攻撃的衝動抑制する目的がある。さらにまた、宗教は完全な道徳を目指しているので、これらの掟に対する違反は罪悪感を引き起こす。極端な場合、罪悪感が生活を支配し、麻痺させることがある。また、しばしば、過度の後悔に至ることもあり、中世鞭打苦行派の罪の意識による鞭打ちから現代テレビ時代における罪の公然の告白にまで及ぶ。

 オランダにおいて、罪への自責心の問題をアライト・シルダーが研究した。彼女研究『罪の意識に苦しむ以外なすすべがない』は、厳格な一部のオランダプロテスタントに関するもので、罪悪感がもたらしうる、人の仕事、思考および行動を麻痺させる影響への洞察を与えた。

引用英語で分からず。)

 友好関係を生じることに加えて、カリスマグループは個人的および社会的行動を規制する行為の基準を確立する。絶縁したセクトの状況では、このような外的規制によって、集団は心理学的に困難な支配の操作がしやすくなる。多数のセクトの行動規範は、現在性的に寛大な態度に対する反動形成を反映するように見える。これらの規範は、しばしば多くの儀礼化された集団防衛を採用するだけで維持される。たとえば、ハーダー、リチャードソン、およびシモンズは、ジーザス運動の一つの分派における求愛、結婚、および家庭の形態研究した。彼らは、全員が性的にとがめられかねない状況を明確に回避することを述べ、そして求愛と肉体的快楽に関するセクト特有の規制の大要を説明した。たとえば、デートをすることは不適切と考えられたが、それに誘惑や罪に至りかねないからだった。セクトに入会中の人の態度の同様な変化は、前に述べた統一教会の会員に関する研究に現れた。その七十六パーセントが性について考えることを“非常に”避けたと述べたが、入会の前には十一パーセントしかそのように感じなかったと報告した。したがって、集団心理は本能の要求の表出の統制やそのほかの葛藤の統制に重要役割を果たす。

(前出 引用英語で分からず。)

 以上のように、宗教的悪業を規定する教義には、人の思考や行動を強く統制する作用があるとされています。そして、オウムの教義にもまた、ある思考や行動を宗教的悪業として規定するものがありました。たとえば、私が出家した直後の平成元年四月二日、麻原は次の内容の説法をしています

 「わたしたちの修行を妨げる眠気、貪り、怒り、真理(オウムの教義と考えていただいて差しつかえありません)を否定したくなる気持ちは悪魔であり、取り返しのつかない迷いの生を繰り返す」

 「現代人は快楽を追求し、真理の実践をしていないので、三悪趣地獄餓鬼動物)に生まれ変わる」

 「説法を復習せず、聞き流すとサマナ出家者)をやめるという結果になり、迷いの生に入り、三悪趣に生まれ変わる」

 また、クンダリニー覚醒すると、「魔境」に入りやすくなるとされていました。これは、「これ以上ない人生挫折」、「生まれ変わっても続いてしまう恐ろしい修行挫折」とされる状態です。そして、「魔境」に落ちないためには、「正しいグル解脱した指導者)を持つ」、「功徳(神とグルに対する布施奉仕)を積む」、「強い信を持つ(グルと真理を強く信じる)」、「真理を実践する」ことが必要と説かれていました。(麻原彰晃『超能力秘密の開発法』 『生死を超える』 『マハーヤーナ・スートラ』

 この類の教義はほかにも多数ありましたが、これらは信徒にとって、麻原、教団、あるいは教義から離脱を困難にし、そして、麻原や教義に従うよう思考や行動を統制すつものでした。このような作用は、信徒違法行為の指示に従わなかったリ、事件が明らかになった後でも脱会しなかったりする原因の一つと思います

 私が教義に疑問を抱き、脱会に至るまでには、次のように、悪業とされる行為をすることへの慣れが必要でした。

 逮捕された後、供述すると悪業になる内容について、私は取調官の追求を受けるようになりました。しかし、それでも、はじめはまったく供述できない状態であり、身を引きちぎられるように感じました。そのような状況において、私は軽度の悪業となる内容から少しずつ供述せざるを得ませんでした。

 私が最初に話したのは、地下鉄内で自身がサリンを発散させた単独行動の部分でした。事件に関してかなりのことが既に明らかになっていた状況であり、個人的な行為として供述するならそれほど悪業にならないと思ったのです。

 その後、黙秘供述を何度も繰り返して、長時間かけて動機の「ヴァジラヤーナの救済」の教義のことや麻原の事件への関与について供述できるようになりました。

 以上のように、自覚してないうちに恐怖を喚起する教義の影響を受ける場合があります。また、宗教的悪業を規定する教義そのものに興味を抱いてオウムに係わることは考え難いですが、多くの信徒がそのような関心外の教義を受容し、思考や行動が制限されていました。ですから、そのときは実感がわかなくても、「地獄」など恐怖の喚起が予測される概念を強調する思想には、近づくべきではないでしょう。


【vol.5「規範意識を変容させる集団」】へ続く。

オウム真理教ナウい教化法”を実践した広瀬死刑囚手紙 vol.2

【vol.1「カルトに係わる契機」】はこちら。

宗教経験

 カルトの「超越的世界観」によって、現実世界においては解決の困難な問題が解決することと述べました。他方、この類の世界観は非現実であるために、受容が困難なのも事実です。ところが、「神秘体験」、「超越体験」などと呼ばれる幻想的な宗教経験は、その受容を著しく促進します。

 オウムにおいても、教義の妥当性の根拠は、その種の宗教経験でした。つまり、多くの信徒は教義の世界を幻覚的に経験しており、その世界現実として認識していたのです。地下鉄サリン事件への関与は誠に愚かであり、心から後悔しておりますが、この事件についても、宗教経験から、私は教義上の「救済」と認識して行いました。

 このように、宗教経験は、「殺人」を肯定する非現実的な教義さえ受容させる原因となります。したがって、宗教経験を根拠とする思想やこれを起こす技術の使用には注意すべきです。

 以下、宗教経験検討のために、私の経験を述べさせていただきたく思います

 前述のように、高校三年生ときに、私は、「生きる意味」の問題を意識するようになりました。しかし、その後、私は目を引いた本を読んだり、簡単な瞑想指導する団体に入会したものの、その問題は棚上げ状態でした。大学で学ぶことが将来の職業に直結するので、学業や学費のためにアルバイト忙殺されていたのです。

 そのようなとき、偶然、私は書店で麻原の著書を見かけたのです。昭和六十三年二月ごろ、大学院一年ときでした。その後、関連書を何冊か読みましたが、彼の説く解脱悟りが気になりました。

 最終的な解脱悟りは、絶対自由・絶対幸福・絶対歓喜の境地であり、本来、私たちはその状態に安住していたにもかかわらず、煩悩にとらわれたために、輪廻して苦界をさまよい続けているとされていました。ここで、絶対自由とは、カルマ(業。転生する原因)から解放され、どの世界に転生するのも、最終解脱の状態に安住するのも自由という意味でした。絶対幸福とは、金、名誉など自分以外の外的存在を必要としない幸福という意味でした。絶対歓喜とは、自己存在しているだけで歓喜状態にあるという意味でした。

 不明な点が多いものの、何らかの絶対的に幸福な境地の存在事実であれば、その追求は「生きる意味」に値するのではないかと思いました。

 また、麻原は修行を完成させて最終解脱の境地にあり、弟子指導して彼らをも解脱させているとのことでした。麻原や弟子たちの体験談を読むと、解脱への確かな道が存在しているように思えました。彼らの体験には普遍性が感じられたからです。さらに、麻原は自身の体験の妥当性を、ダライ・ラマ十四世をはじめとするチベット仏教インドの聖者たちと交流して確認したとのことでした。

 前述の解脱のような教義の話だけならフィクションを読んでいるようなものでしたが、このような実証的な姿勢は理解できることでした。この点は、私がそれまでに接した斯界のものとは違っていると思いました。

 しかし、事はそう簡単に運びませんでした。麻原が主宰するのは、宗教団体オウム真理教」だったのです。(なお、当時、オウムほとんど無名の団体でした。)

 私は新宗教に対して拒絶反応が起こるのを禁じ得ませんでした。「輸血拒否事件」、「霊感商法」…新宗教に関するマスコミ報道は、決まって言いようのない不快感を催すものでした。とりわけ、「輸血拒否事件」は、高校三年生ときに話を聞いた団体のことだったので、新宗教に対する問題意識が高まりました。

 この事件の報道では、事故に遭った子供が「生きたい」と言っていたのにかかわらず、両親が教義に従い、輸血を拒否したとされていました。この団体の聖書解釈が正しいという保証はないのだから―私にはほかの解釈も可能に思えました―、そのような不確実なことに基づいて命を犠牲にすることが信じられませんでした。ですから、この事件で、私の新宗教に対する不信は決定的なものになっていました。

 このようなわけで、私は本を読む以上にオウムに近づけなかったのです。

 ところが、本を読み始めた一週間後くらいから、不可解なことが起こりました。修行もしていないのに、本に書かれていた、修行過程で起こる体験が、私の身体に現れたのです。そして、約一ヶ月後の、昭和六十三年三月八日深夜のことでした。

 眠りの静寂を破り、突然、私の内部で爆発音が鳴り響きました。それは、幼いころに山奥で聞いたことのある、発破のような音でした。音は体の内部で生じた感覚があったものの、はるか遠くで鳴ったような、奇妙な立体感がありました。

クンダリニー覚醒―」

 意識を戻した私は、直ちに事態を理解しました。爆発音と共にクンダリニー覚醒した―読んでいたオウムの本の記述が脳裏に閃いたからです。クンダリニーとは、ヨガで「生命エネルギー」などとも呼ばれるもので、解脱するためにはこれを覚醒させる、つまり活動する状態にさせることが不可欠とされていました。

 続いて、粘性のある温かい液体のようなものが尾底骨から溶け出してきました。本によると、クンダリニーは尾底骨から生じる熱いエネルギーのことでした。そして、それはゆっくり背骨に沿って体を上昇してきました。腰の位置までくると、体の前面の腹部にパッと広がりました。経験したことのない、この世のものとは思えない感覚でした。

 「クンダリニーの動きが正しくないと、くも膜下出血を起こす」、「指導者なしの覚醒危険だ」―オウムの本の記述別世界の話でしたが、今や、我が身に起こりつつある現実でした。私はクンダリニーの動きを止めようと試みました。しかし、意志に反して、クンダリニーは上昇を続けました。

 クンダリニーは、胸まで上昇すると、胸いっぱいに広がりました。ヨガでいうチャクラ(体内の霊的器官とされる)の位置にくると広がるようでした。クンダリニーが喉の下まで達すると、熱の上昇を感じなくなりました。代わりに、熱くない気体のようなものが上昇しました。これが頭頂まで達すると圧迫感が生じ、頭蓋がククッときしむ音がしました。それでも、私は身体を硬くして耐えるしかなす術がありませんでした。

 突然の出来事に、どうなることかと思いましたが、それをピークに一連の現象は収束しました。どうやら、無事に済んだようでした。

オウム真実だ」

 オウム宗教世界観が、一挙にリアリティを帯びて感じられました。麻原をグル修行指導する師)として、解脱悟りを目指すことが私の「生きる意味である確信しました。麻原の著書を読み始めて以来相次いだ体験に、彼に強い「縁」を感じていたからです。クンダリニー自然覚醒したのは、前世グルの著書を読んだために、修行者だった私の前世記憶が甦ったからだと思いました。

 このように、急激に宗教観念を受容して、思考体系が一変する心理現象は、「突然の宗教的回心」と呼ばれています。これと漸進的な宗教観念の受容との違いについて、研究論文には次のように述べられています

 突然の回心は、被験者のものが全く変えられるように思われる経験として定義した。つまり、その変化は、被験者が生じさせるのではなく、彼にもたらされるように思われた。また、その変化は、被験者の生活様式、道徳的特性を形成する態度におけるものだった。

 漸進的な宗教的発達は、上で説明したような回心経験がないという特徴のもので、そして被験者が自身を無信仰と識別したことがないものである

 すべての回心者は、疑いの余地なく、無信仰の状態から信仰深い状態になった。

 二つの集団の特色をかなりよく示す、二つの自伝を下に引用する。一人の突然の回心者は、彼の経験を次のように記述した。

 この経験は、私が一四歳の秋に起きた。私は畑を耕して働いていた。突然、嵐が近づいたように思われ、そしてあたかも私の周りの全てが止まったようだった―私は神の存在を感じた。馬たちは完全に止まった状態になった。真っ黒な空がとどろいたので、私は祈った。嵐はすぐに通り過ぎたが、この瞬間だった、―私は祈りながら―主が望むならば、クリスチャンになり、主に仕える決心をしたのは。

 漸進的な宗教的発達をした集団の一員は、彼の経験を次のように記述した。

 私が信仰深いと自覚したときを説明するのは難しい。それに対し、何年か前に私は十ポンドで生まれ、そして現在はそれよりかなり重いという事実を説明するのは、全く簡単だろう。この成長には、出来事の印象がないわけではない。しかし、少なくとも回想では、そのプロセスはあまりに完全に連続したように霞んでいる。だから、私が自身の認識に現れた時点を思い出せる以上に、私は“信心深く”なった時点を分離できない。私はその二つの出来事はほとんど同時に違いないと思う。

引用英語で分からず。)

 このような宗教的回心は、人が葛藤状態にあるときに、幻覚的な超越体験と共に起こることがあり、このとき葛藤が解決するとされています。また、突然の宗教的回心においては、常識から非常に逸脱したビリーフ・システム(思考体系)が受容される場合があるとされています。そして、「カリスマグループの一つの注目せざるを得ない特徴は、入会の特徴がしばしば劇的な回心の経験であることだ」といわれています

引用英語で分からず。)

 私の場合、「生きる意味」に係わる葛藤のために、回心が起き、オウムの教義体系が受容されました。このように、非現実的な世界観が突然現実として感じられ、それが受容されることがあるので、超越体験に基づく世界観には要注意でしょう。後述のように、それが日常生活との間に摩擦を生じる場合は問題が起こるからです。

 オウム宗教世界観現実となった私に、入信以外の選択はありませんでした。また、新宗教うんぬんといっていられる状況ではありませんでした。クンダリニー覚醒した以上、指導者は不可欠だったからです。私はクンダリニーコントロールできず、頭蓋がきしんでも、なす術がなかったのです。この状況について、ある共犯者は「広瀬君は、本を読んだだけでクンダリニー覚醒して、困って教団に相談に行ったと言っていた。ある種の困惑広瀬から感じた。」と法廷証言しています

 こうして、オウム真理教在家信徒としての生活が始まりました。在家信徒は、社会生活しながら、教義の学習、守戒など教義の実践ヨガの行法、奉仕などの修行をすることが基本でした。

 オウムの教義と修行目的について、あとの話の理解のために必要な部分のみ説明致します。

 教義において、修行の究極の目的は前述の最終解脱をすること、つまり輪廻から解放されることでした。なぜ解脱しなければならなのか―それは、輪廻から解放されない限り苦が生じるからだ、と説かれていました。これは、今は幸福でも、幸福でいられる善業が尽きてしまえば、これまでに為してきた悪業が優住になり、苦しみの世界に転生するということでした。特に地獄餓鬼動物の三つの世界三悪趣と呼ばれ、信徒の最も恐れる苦界でした。

 それに対して、解脱はすべての束縛から解放された崇高な境地でした。解脱に至るには、次のように、私たちが本来の最終解脱の状態から落下していった原因を除去していくことが必要と説かれていました。

 私たちは自己存在するためだけで完全な状態にあったにもかかわらず、他の存在に対する執着が生じたために輪廻転生を始めたとされていました。それ以来、私たちは煩悩(私たちを苦しみの世界に結びつける執着)と悪業を増大させ、それに応じた世界に転生して肉体を持ち、苦しみ続けているとのことでした。たとえば、殺生や嫌悪の念は地獄、盗みや貧りの心は餓鬼快楽を求めることや真理(精神を高める教え=オウムの教義)を知らないことは動物に、それぞれ転生する原因になるとされていました。

 これらの煩悩行為過去世のものも含め、情報として私たちの内部に蓄積しているとのことでした。この蓄積された情報が「カルマ(業)」でした。そして、「悪業に応じた世界に転生する」というように、自己カルマが身の上に返ってくることを「カルマ法則」といい、これも重要な教義でした。

 カルマ法則から考えると、解脱、つまり輪廻からの開放に必要なのは、転生の原因となるカルマを消滅(浄化)することになります。ですからオウムにおいては、カルマの浄化が重視され、修行はそのためのものでした。

 [なお、前述の「殺生」は、虫を殺すことも含みます。ですから、そのほかに挙げた行為もそうですが、一般人日常的な行為ほとんどが悪業となります。したがって、信徒についても、入信前は悪業を為してきたことになり、それらを浄化しない限り苦界に転生することになります。だから信徒たちは必死修行していました。また、家族など周囲の非信徒たちは苦界への転生が避けられないことになり、それを信徒たちは案じていました。後述しますが、日常生活と相容れないこの教義のために、一般社会は苦界への転生に至らせる世界とみなされました。そのために、信徒は一般社会を離れて出家していきました。さらに、苦界へ転生する現代人を救済する目的で、殺人まで犯すことになりました。]

 また、オウムの教義において、麻原は「神」といえる存在でした。それは、最終解脱者であり、様ざまな「神通力」を有するとされていたからです。特に麻原は、人を解脱させたり、高い世界幸福世界)に転生させたりする力があると主張していました。私たちに「エネルギー」を移入して最終解脱の状態の情報を与え、代わりに、苦界に転生する原因となる悪業を引き受ける―「カルマを背負う」といっていました―と説いていたのです。カルマを浄化していないと苦界に転生するのですからカルマを背負ってくれる麻原は、まさに「救済者=神」でした。

 麻原の指示が絶対だったのも、そのような「救済」の能力を有するためでした。オウム世界観においては、苦界への転生の防止が最優先であるところ、麻原の指示の目的は、苦界へ転生する人類の救済とされていたのです。

 回心による教義の受容の後、入信後は、私の身の上に個々の教義の体験が現われ、教義の世界観に対するリアリティがますますまりました。たとえば、入信の一週間後に、麻原の「エネルギー」を込めたとされる石に触れたところ、気体のようなものが私の身体に入ってきました。そして、胸いっぱいに広がり、倒れそうになったのです。そのときは、ハッカを吸ったような感覚がして、私は自身の悪業が浄化されたと思いました。

 その後も様ざまな形でこのような体験を重ねたので、私にとって、麻原が「カルマを背負う」能力を有することは現実でした。そのために、麻原は「神」であり、その指示は絶対だったのです。

 なお、現在は、この種の経験は暗示の機制による幻覚と理解しています。つまり、以前に接していた「エネルギーを移入してカルマを浄化する」という教義(二十一頁)が暗示になり、「エネルギーを込めた」とされる石に触れたところ、教義どおりの幻覚が現れたものと思います。(このように、回心後は幻覚的経験が極めて起きやすい状態になっていました。)

 なぜあの男が―麻原の地位が教団内で絶対だったことに対する疑問の声をよく聞きます。その理由の一つは、私と同様に、信徒にとっては麻原を「神」とする教義の世界観現実だったことでしょう。ヨガの行法によって、多くの信徒が教義どおりの宗教経験をしていたのです。

 現役の信徒は、今も、麻原の力でカルマが浄化されると感じる経験をしているようです。だから、麻原が法廷でどんなに見るに堪えない振る舞いをしても、彼は「神」であり続けているのです。私もそうでしたが、信徒帰依しているのは生身の麻原ではなく、宗教経験によって知覚した麻原です。「現実」よりも「宗教経験」のほうがリアリティがあるのです。

 このような宗教経験作用について、文献には次のように述べられています

 アメリカで(そしてしばしば国際的に)現在見られる多くのカルト様のビリーフ・システム概観することは、臨床医が特定のセクトを正しく評価するにあたり役に立つ。ビリーフ・システムは、一般に部外者を困惑させるもので、多くは超越体験や神秘体験に基づいている。あるものは、なじみのない東洋伝統から得ている。あるものは、教義を再構築する程度にまで、既存宗教を粉飾する。

 超越体験あるいは神秘体験は、回心のプロセスにおいてしばしば重要だが、このことはジェイムズフロイトが注目した。葛藤の解決における超越体験は、非精神病者精神病者の両方に急性の幻覚的エピソードが起こる程だが、この重要性も強調されてきた。これらの経験はまた、カリスマセクトの多くの全員にとって、グループの全員をを続けされる総体である。これらの出来事は、類似した現象を経験したことのある他の人たちとの友好関係を、最高潮に高める強力な感情的経験になる。

 宗教経験コンテクストにおける精神病様超越現象が生じることを説明できるモデルは、まだ開発されていない。しかし、注目すべきなのは、かなり注意を引く知覚現象を、これらのセクトの全員が普通に報告することである。たとえば、一つのグループの百十九人の全員のうちの三十パーセントが、瞑想中に幻覚様経験を報告した。明らかに、このような現象は、心理学者が正常な精神プロセスのみならず病的プロセスを理解するのにもかなりの影響があるはずだ。それらはたぶん、精神病といわれる人に幻覚状態を起こすあるコンテクストの性質を、心理学的に理解する助けになるだろう。

(前出 引用英語で分からず。)

 (A教団は)夢さえも「お父様(教祖)の夢を見ますよ」などと暗示を与えて教祖の夢を見やすいように誘導したりする。それらのプライミングの結果、信者は身辺でおきる現象がすべて神やサタンといった心霊現象ととらえることになっていると思われる。さらに、こうした経験西田のいう個人的現実性を高める。つまり体験や推論が教義と整合しているという認知を与え、ビリーフは強化される。

西田公昭 一九九五年 ビリーフの形成と変化の機制についての研究(4) 社会心理学研究、一一、一八-二九

プライミング―特定の情報に接触させることによって、人間情報処理一定の方向に誘導すること)

 瞑想のより高い段階は多くの経験を含む。これは、伝統的な文献によく載っており、明るい光のヴィジョン、身心の喜びに満ちた陶酔感、静けさ、明晰な知覚、および愛や献身感情を様ざまに含む。“超意識”、“超越体験”、“神秘体験”、あるいは“クンダリニー覚醒”と名付けられており、これらの状態は、人を引き込む影響を及ぼす。この影響は、瞑想伝統によれば、非常に深刻になるものだ。

引用英語で分からず。)

 また、宗教経験が起こる状態においては、世俗的なことに対する関心が薄れるという報告があります

引用英語で分からず。)

 以上のように、宗教経験およびそれが起こる状態は、非現実的な教義の受容や日常生活から離脱を促進するようです。


※「輸血拒否事件」1985年6月神奈川県川崎市高津区で起こった事件。ダンプカーにひかれた当時小学5年生の男の子が、両親の輸血拒否にあい、約5時間後に死亡。「大ちゃん事件」とも。

【vol.3「宗教的経験(後半)」】へ続く。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSuiSXiauQ8BdnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt0N9tNtt9tM9S1118iunqCnknkB6q8dCSMNN5OtNO3tOkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=76CFIXYud6BnuBn8jY6U3p8IsM8s6oSjY6UVsknuU6F7VM338dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSTkFIkXn8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSuiSXiauQ8BdnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSTkFVW6XuV6FkYu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSjCBXiuBBSqdq7USMNtyN3
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2F8UikWX8s68PTSYkiaokFqSNNt50ttSq6aBNNt90SFBS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSuiSXiauQ8BdnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSuiSXiauQ8BdnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2IF81XqXTuaXk86FUS1SXiauQ8TdTHnXnYuwtpMMbkoTlksnX6iwuaXnbkoTlBusnX6iwt9
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=oCqkiquXp0t8jY6UtNy8IsM8s6oSjY6UVsknuU6F7VMyN8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=FC8kW98Q7ESq1ShMNhV-NhDyhV-NhDthV-th53hV-th5MhMNhV-th5NhV-th53hV-th5thV-th5thV-NhDLhV-NhD5hV-th5yhMNhV-NhDthV-NhDDhV-th58-hV-NhD9hV-NhDyhV-NhDp
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSFCSXiauQ8BdnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSFCSnCjuS1unTYksu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSTkFs8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSFCSnCjuS76CFVYCBn8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=27PnkU87kd668s68PTf993SXIFkouHswCUTe-qrP
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2dknuikjY6UVTkFnB8s6oSuojuaHCFYwdnnTh3LhM8-hM8-UikWX8P678iu8PThM8-okn6ouhM8-q6aToNNNthM8-kFukoMt9MhM8-
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSTkTT6Ciun8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21i8s6oSA-uia
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2TYknI6Fo8nCojYF8s6oSWMSI6YY61OjCnn6i8dnoYHn7TuwI6YY61bkoTlnCojYuY6UwUikWXVU6dkibkoTls6Y6FwjYCu
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSFCSnCjuS76CT6Fi8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSTkTk8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSFCSnCjuS76QVdCj8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt0N9tNtt3NMpS1118iunqCnknkB6q8dCSMNN5OtNONtOkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21118U66UYunkUokikUuF8s6oSiB8dnoYHXaw4-G-l-Vl-R-b-8-J-4-
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=76CFIXYud6BnuBn8jY6U3p8IsM8s6oSHnkUwhO-yhDNh58-hO-ghp9hDNhO-0hLthpNhO-3h5Mh5LhO-3h5Mh5ghO-3h5th50
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSFCSnCjuS9nCju8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSTknF6i8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSFCSnCjuSBCiVT6Fi68dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21118YXWuPkBoXi8s6oSIXSsdknVdnoYySR-6CFniu7A-6CHTkFuinc-aw5t9Mg93bkoTlkoTh3DsdXYac-awtNNNNNNNNNbkoTlkoTh3DYkiUCkUuR-dkiUuwtbkoTlYkiUCkUuR-dkiUuwt
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSFCSnCjuSBuQC8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSTuFWuFnX8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSFCSnCjuSBuQV38dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2o6nduFYuBB8s6oSjSsdXsqB
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSFCSnCjuSCT6FiXk8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2111876CnCju8s6oS1knsdHWwMR-f-A-sgIV-BXB
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=BuQIXYoBnCju8s6oSuBSTSYka7j67B
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSuiSXiauQ8BdnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNtyNtMpNyN9NgS1118iunqCnknkB6q8dCSMNt9ON9OM0OkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSYXIuSnnoPnSMNt9tNNp
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSFCSnCjuSIY7VIYW8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2ki6ia8dknuYkj68PTf993Squ716FaShO-yhp8-hDLhO-0hpR-hLR-hO-ghpLh59
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSFCSnCjuSQVsCo8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSTunXnVkoX8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSFCSnCjuST6Fi6Q68dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSTunXnu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNtyNpt5tptgM9S1118iunqCnknkB6q8dCSMNt9ONtONyOkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSFCSnCjuST6FiuFjF6B8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSFCSnCjuSTF6VT6Fi8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSuiUXiuuFXiUSBssdqSMNtyN9Np
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=1118qXi6o7WX8nWS1knsdSG-FuPYuFO2-G-q4-z-l-drR-Nv-MsCrCPA-J-w-5LM
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSFCSnCjuSWPkW8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSFCSnCjuSaFnCjuF8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSYXIuSnnoPnSMNt9N0t9
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=BuQsYXTBda8s6oSunSTStpgN
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt9NMt0tpMN9pS1118iunqCnknkB6q8dCSMNt9ONtOt9OkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSiknCFuSaXBkESMNttttN5
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSU6YI8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2PXEEjCiquF8s6oSq6SBukFsdShV-NhDLhV-NhDO-hV-NhDV-hV-th5ghV-NhD5hV-NhDDJhV-NhDMJhV-NhD8-hV-NhD5hV-th5thV-th5O-JhV-NhDV-hV-NhDNJhV-NhDR-hV-NhDNhV-th5thV-th5thV-NhDNhV-NhD0hV-NhDy
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSjFkiYunnuVuBTkUi6Yu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2PXEEjCiquF8s6oSi6SBukFsdShV-NhDLhV-NhDO-hV-NhDV-hV-th5ghV-NhD5hV-NhDDJhV-NhDMJhV-NhD8-hV-NhD5hV-th5thV-th5O-JhV-NhDV-hV-NhDNJhV-NhDR-hV-NhDNhV-th5thV-th5thV-NhDNhV-NhD0hV-NhDy
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt0N9NpttN0ytS1118iunqCnknkB6q8dCSMNNpON0Ot0OkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSFCSnCjuSnQQQ8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt0N9tNttMpNNS1118iunqCnknkB6q8dCSMNt3ONpON3OkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2ki6ia8dknuYkj68PTf993Squ716FaShO-5h5ghLLhO-yh55h50hO-5h5ghLLhO-5hDLhLD
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSuiSXiauQ8BdnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFS3a8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSjXnu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFS6FnuXYB8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2sdknCFjknu8s6oSB1uunOBuQ7OuoXS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSjYksq8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2un81XqXTuaXk86FUS1XqXSLWkkFXquuYiuOH-XqXTuuaXk
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSYXIuSnnoPnSMNNpNtt9
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSB7jXki8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21118T6FiyI8s6oS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSuiSXiauQ8BdnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSuiSXiauQ8BdnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSjkjuB8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSUF6BVTYki8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSuiUXiuuFXiUSBssdqSMNt9Nytt
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2j8dknuik8iu8PTSqkXn6BnuFShO-3h5MhLMhO-3h5MhL9hO-3h53h5phO-3h53hLDSLH-S
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2jk6o6X8s6oSnkUS2-ksdBui8uTX
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSkFUuinXiu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=oCqkiquXp0t8jY6UtNy8IsM8s6oSjY6UVsknuU6F7VtN38dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSUk78dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSWXFUXi8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt0N9NpM3Mt9gS1118iunqCnknkB6q8dCSMNtyONpONtOkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSWXinkUu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSWXuCQVPuCiu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSka6BVkBXknXrCu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSXWFu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSXiBuFnX6i8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSn6XYunnu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2Yn81XqXTuaXk86FUS1XqXSZ-6TYX
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSnCjuS76CT6Fi8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt0N9NptgNgt5S1118iunqCnknkB6q8dCSMNttON5OM3OkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSa6Fokin8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSI66aSsdqqPSMNtyNtMN
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSa6oXiknX6i8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSuiSXiauQ8BdnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSnCjuSCTaknunCju8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt0N9tNty3t3yS1118iunqCnknkB6q8dCSMNtyON5Ot3OkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=d6ouQQQnW8s6oSuiSsdkiiuYBSe-FU7SFknXiUSTkUuVtSHdaOoXiw9J-Mpc-G-oS-MEItM9bUkXawt33939g
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSnCjuSIFuuT6FiWXau6B8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSdXF6iauYYu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSuiSXiauQ8BdnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2ki6ia8dknuYkj68PTf993Squ716FaShO-5hLLhLR-hO-0hp5h5O-
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSnCjuSTF6VT6Fi8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2ki6ia8dknuYkj68PTSqu716FaShO-yh5yhLR-hO-yhDR-h58-
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2kiXouij8s6oSoXqkBkOouXUuiV303
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=oknCFuo6WXu8jY6Up8IsM8s6oSjY6UVaknuVMNtttt8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2BTkiqjkiU8s6oS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2q6jCi81ujYX68PTSFkiqXiUSUqEqPSMNt9N3
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNtyNtMpN0N39tS1118iunqCnknkB6q8dCSMNtMON5OMNOkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=1118MtdCj8s6oSYWSWXau6BSdXaauiskouFkB8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSnFXsduFXu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2BnknCB8BYksq8s6o
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21118YXWuPkBoXi8s6oSTnSsdknVdnoYySH-XWusv-uFiuF
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2TY81XqXTuaXk86FUS1XqXSl-usEO4-1XkEaOl-A-D
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2F8UikWX8s68PTSkFukSkFuko9MN9S7kqXiXqCSFBS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSBT6FnBSBIi7USMNtMN3tt
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSokFXkUu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=76CFIXYud6BnuBn8jY6U3p8IsM8s6oSjY6UVsknuU6F7VpM8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2Yn81XqnX6ikF786FUS1XqXSjkXUXkihR-9h5V-XC6B
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2nTdXoBuQ8nWSQuoSBuQVidkhsshk3nVjkhssh5piV6iYXiu
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2sdknCFjknu8s6oSYXnnYuIY61uFBS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSs6rCXiu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2nuQiXrCu8IFS6BrkSnkUBSCFYS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSiknCFuSaXBkESMNtgtN3N
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=ndC7o7FIX8jY6UBT6n8s6oSBukFsdSYkjuYSG-CFqouiXBnki
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSsdknnu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=T6Fi6dCjBnuF8s6oSakSiXsduSn6ThMNWXu1uaS2-6Y68t
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSsk6Cnsd6Cs8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSuiSXiauQ8BdnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSuPksCYknX6i8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt9NMt9NgMpy9S1118iunqCnknkB6q8dCSMNN5OtNOtNOkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=6qoknCFuBYCn8s6oSBFSFunF68dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSuiVTYuXiVkXF8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSBT6FnBSBIi7USMNtptt
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIFSuiVi7Y6i8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNtpNttyNtyNy5SskkViun16Fq86FUSkFsdXWuBS9Ngy
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21118YXWuPkBoXi8s6oSTnSsdknVdnoYySA-CsXkl-XkHTkFuinc-awgtg35g3bkoTlsdXYac-awgtpMptpbkoTlYkiUCkUuR-dkiUuwt
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSiknCFuSaXBkESMNttNpMM
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2ki6ia8dknuYkj68PTSqu716FaShO-3h5thLO-hO-yhLV-hpN
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2PXEEjCiquF8s6oSauSBukFsdSUYuj6qXuJUkFahR-yh5M6
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=a6nIFuuQQQ8s6oSCqSuT6FiSm-G-c-nf-V-S-ne-V-U1f-El-wSf-XqqXVUunBVICsquaVXiVkVIFXuiabkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoT
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSuiUXiuuFXiUSBssdqSMNtpN9Mt
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt0N9Nptgt3tyS1118iunqCnknkB6q8dCSMNt9ON5ON9OkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2akinFX8s6o8WiSWXau6SiUduiVY6iUVsdkiUVnFkXVo6Vs6XVndk7Vj6VouViC6XVuoVt3t5yy8dno
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXS6FkkYX8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21118kokE6i8s68PTShO-ghDyhpNhO-yhDth5NhO-3h5Nh5thO-ghp9hDghO-3h5thLO-hO-0hpR-h5V-hO-3h5thL8-hO-0hpphLO-hO-ph5NhpLhO-3h5th5R-hO-3h5th59hO-3h5th59VhO-9hD5hp0hO-ghpyh5R-hO-9hD5h5NhO-3h5th5DhO-3h5Mhp3hO-3h5thp8-hO-3h5Mhp3hO-3h5Nh5thO-9hD5h5NhO-ghp9hp8-hO-9hDV-hD8-hO-3h5th55hO-3h5Mh5DhO-3h5MhLLhO-3h5MhDghO-3h53hL3hO-3h53hLR-hO-3h5thLO-hO-0hp0hDphO-ghL5h5DhO-yhDR-h58-VhO-yhDthDthO-ghp9hDNVhO-5h5NhpyhO-yh58-hDMSaTS9N90N9g90t
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSuiSXiauQ8BdnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=duiPXiqCnBC8s6oSnuQnSTsSUdVujM0MVst3S
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXS7qBXn7Xiui8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSBT6FnBSBIi7USMNN5NpMg
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt0N9tNttMp9pS1118iunqCnknkB6q8dCSMNtMON5OM9OkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSBCCnuYuoXiui8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2jk6o6X8s6oSnkUSf-XVok8uTX
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=duiPXiqCnBC8s6oSiuq6Siuq6OtNS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2jk6o6X8s6oSnkUSR-x-Vb-Yk78uTX
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=nFkiBYknua8QQQSYnSHswkTknXiXBOnFXq6nkhR-yhDO-kBbkoTlTw5
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSBduokYu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2BTkiqjkiU8s6oS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSBkXFkkYk8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSiknCFuSaXBkESMNMNtttt
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSBkqBkYkXiui8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=a6nIFuuQQQ8s6oSCqSuT6FiSm-G-c-nf-V-S-ne-V-U1f-El-wSf-XqqXVUunBVICsquaVXiVkVIFXuiabkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoT
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSCTuk8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSYXIuSnnoPnSMNtgNtNp
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2sdknCFjknu8s6oSBYCnn7T6nkn6uBS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNtyNtMpNy30ytS1118iunqCnknkB6q8dCSMNN5ON5Ot5OkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2sdknCFjknu8s6oSkOikCUdn7OTXQXuS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSI66aSsdqqPSMNt9NyNy
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSFCXqqXoXiui8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt0N9tNtt33tgS1118iunqCnknkB6q8dCSMNt9OttOtpOkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2PB8UkE68BTksuSXiauQ8TdTHPBwkW9bkaWuFnXBuouinb
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21118iXqquX8s6oSXinuFiknX6ikYSuCF6TuS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNtyNtMpN399t9S1118iunqCnknkB6q8dCSMNN5OtMOMMOkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2jk6o6X8s6oSnkUSf-UC7iVl-XidVZ-dX8uTX
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2oB81XqXTuaXk86FUS1XqXSM3N
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=UI66aa8s6oST6BnVtyp5pN
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=1118skFWXau6nCju8s6oSnFSnCjuSBTkiq1XFu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSIuoa6o8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSBT6FnBSBIi7USMNt3N53t
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt5ttM0tNNyN3SskkViun16Fq86FUSkFsdXWuBStNpMy
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSI66aSsdqqPSMNttNgNy
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSPkYqkd6ook8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt0N9NpttNgM5S1118iunqCnknkB6q8dCSMNttOttOt5OkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSuiSXiauQ8BdnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt0N9NpM3y0tgS1118iunqCnknkB6q8dCSMNtyON0OttOkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt5tMM9t3tptpSskkViun16Fq86FUSkFsdXWuBS553y
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2sdknCFjknu8s6oSoXYkOS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSTXqqCd6CBCn8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2sdknCFjknu8s6oSoXBBsdkFY6nnutS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSuiSXiauQ8BdnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=jY6U8YXWua66F8PTSY6WutMN33tS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21118Y6jBnuFQQQ8s6oSFCSkiXouS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21118YXWuPkBoXi8s6oSTYSsdknVdnoYyS2-uFuikK-uBBuY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSBT6FnBSBIi7USMNtyNtNy
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=76CFIXYud6BnuBn8jY6U3p8IsM8s6oSjY6UVsknuU6F7V9338dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=BuQsYXTBda8s6oSuiSTSjXVsdXsd
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2PXEEjCiquF8s6oSIFSBukFsdST6FnCUkXBuJnuui
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2Fuink8TkT78s68PTSFuinkSBsSIFoSBukFsdHbBXnuOn7TuwE
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2kBBBuQVda8s6oSjUSkBBVsknuU6F7SM0MShV-NhD8-hV-th5NhV-NhDyhV-NhDO-hV-NhDthV-NhDDhV-NhD5hV-th5ghV-NhDNhV-NhDV-hV-NhDyS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSWkq68dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSuiSXiauQ8BdnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSYXdkWk8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=76CFIXYud6BnuBn8jY6U3p8IsM8s6oSjY6UVsknuU6F7V9Mt8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2Pk81XqXTuaXk86FUS1XqXSMNNphO-yhDphD9
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2WXau68IsM8s6oSkSsdkiiuYSqCqXS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNtyNtMpN0tN93S1118iunqCnknkB6q8dCSMNtMON3ON5OkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2ki6ia8dknuYkj68PTf993SMNMNttN0tN993p
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSdXiaC8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2Fuink8TkT78s68PTSFuinkSBsSIFoSTkUuSn6TXsBSnYOMptM9OMNMNtNM38dno
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2jk6o6X8s6oSnkUSb-dXVdC8uTX
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSuiUXiuuFXiUSBssdqSMNMNN9N0
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2jk6o6X8s6oSnkUSA-4-VO-YusnF6iXsBVc-is88uTX
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSiCBBXoXiui8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSBT6FnBSBIi7USMNtMtNN9
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2F8UikWX8s68PTSUVXinuFWXu1SuinF7SU6dkiS3Np5
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt0N9tNNyMMy9S1118iunqCnknkB6q8dCSMNt3ON5ONpOkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSBT6FnBSBIi7USMNt3N3Mt
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt5tNN9Np3NMtSskkViun16Fq86FUSkFsdXWuBSypMg
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSikdqk8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSikkoX68dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSikkokYYkVXBnCoXiui8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSikkokYYu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2Tn81XqXTuaXk86FUS1XqXSb-kTkOl-kFXid6Oc-
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=ikokFk8okn6ounkVkinuiik8s6oS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSiknCFuSaXBkESMNNpN0Np
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSikoC8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSYXIuSnnoPnSMNt5Ngtp
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=oCqkiquXp0t8jY6UtNy8IsM8s6oSjY6UVsknuU6F7VtMy8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSjCqqkqu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2n6UunnuF8s6oSYXSt30035M
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSYXIuSnnoPnSMNtgNtMg
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2j8dknuik8iu8PTSuinF7S90593N9t330g0gN9MpNSs6oouinSsOBdXXqk
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2F8UikWX8s68PTSkFukSkFuko9MMMSBCBdX7kSq6aBNNty3SFBS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSkCn68dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSkFUuinXXikYkXiui8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2o8Iksuj66q8s6oSY6UXi8TdTHBqXTOkTXOY6UXiwtbkTXOqu7wp00M9MMM33pgttgbBXUiuaOiuQnwtbiuQnwdnnTBh3LhM8-hM8-o8Iksuj66q8s6ohM8-BdkFuF8TdTh38-Ch3V-dnnTBhMy3LhMyM8-hMyM8-ki6ia8dknuYkj68PThMyM8-MNt5tNMpttyNM0bskisuYOCFYwdnnTBh3LhM8-hM8-o8Iksuj66q8s6ohM8-aXkY6UhM8-sY6BuO1Xia61hM8-h38-kTTOXah3V-p00M9MMM33pgttghM0s6iiusnh3V-NhM3Oh3V-ObaXBTYk7wn6CsdbY6skYuwPkOK-b-bOFaF
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSkYCBkBC8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSkiXou8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSkikkYX8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSYXIuSnnoPnSMNtMNtM0
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=skFTVokn6ou8jY6U8PTSkFsdXWuBSsknOgMt3yt8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=76CFIXYud6BnuBn8jY6U3p8IsM8s6oSjY6UVaknuVMNttNy8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=a6nIFuuQQQ8s6oSYnSuT6FiSm-G-c-nf-V-S-nl-G-O-El-V-qEl-1wwSG-uui7bkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTv3plBVf-u1VO-QTuFXuisuS
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSnCjuSFuaVnCju8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt0N9tNttMpNNS1118iunqCnknkB6q8dCSMNt3ONpON3OkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=76CFIXYud6BnuBn8jY6U3p8IsM8s6oSHnkUwhO-0hDO-hL9hO-yh5R-hpghO-yh59hLLhO-phL0hpp
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt0N9tNN5t53tS1118iunqCnknkB6q8dCSMNt9ON5OMtOkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSnCjuSQVskIu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSuiUXiuuFXiUSBssdqSMNt9tMty
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSiknCFuSaXBkESMNt5NyNy
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSiknCFuSaXBkESMNt5Npt0
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSnCjuSdsYXTB8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSuiUXiuuFXiUSBssdqSMNNpNpt0
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSnCjuSki7VBuQ8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSnCjuSki7VT6Fi8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2jk6o6X8s6oSnkUSb-doVG-Vb-diU8uTX
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSuiSXiauQ8BdnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=a6nIFuuQQQ8s6oSYnSuT6FiSm-G-c-nf-V-S-ne-V-U1f-El-wSf-XqqXVUunBVICsquaVXiVkVIFXuiabkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoTlkoT
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt0N9NptgN0y3S1118iunqCnknkB6q8dCSMNtMOtMOtMOkFsdXWu8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2ki6ia8dknuYkj68PTf993Squ716FaSMt5
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSuiUXiuuFXiUSBssdqSMNtNNtM5
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21uj8kFsdXWu86FUS1ujSMNt5tNNMtM3tN9cSskkViun16Fq86FUSkFsdXWuBStNygN
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSYXIuSnnoPnSMNtMNyN9
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSndkX8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=0T6Fi8ouSIXSnkjC8dnoY
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=211181ujYX68PTSFkiqXiUSI66aSsdqqPSMNttNpM5
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21118YXWuPkBoXi8s6oSsBSsdknVdnoYySG-dukDF61i
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2ki6ia8dknuYkj68PTf993Squ716FaShO-3h5MhL8-hO-3h53hD3hO-3h53h5NhO-3h53hLLhO-3h53h5DhO-3h53hDR-