クロムウェル〜英国王への挑戦〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クロムウェル
〜英国王への挑戦〜
To Kill a King
監督 マイク・バーカー英語版
脚本 ジェニー・メイヒュー
製作 ケヴィン・ローダー
製作総指揮 ジェフ・アバーリー
ジョン・チャンバース
スコット・カロル
トニー・ミラー
トム・パークハウス
クリストファー・ペツェル
ピーター・ワトソン
ポール・ウェブスター
ルドルフ・G・ワイスマイヤー
出演者 ティム・ロス
ダグレイ・スコット[注釈 1]
オリヴィア・ウィリアムズ
ルパート・エヴェレット
音楽 リチャード・G・ミッチェル英語版
撮影 アイジル・ブリルド英語版
編集 ガイ・ベンズリー
製作会社 FilmFour
IAC Film
ナチュラル・ナイロン
Rockwood Edge
Scion Films
Screenland Movieworld GmbH
配給 イギリスの旗 フィルム4英語版
公開 イギリスの旗 2003年5月16日
上映時間 103分
製作国 イギリスの旗 イギリス
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
製作費 $14,300,000[2]
興行収入 世界の旗 $567,471[3]
テンプレートを表示

クロムウェル〜英国王への挑戦〜』(クロムウェル えいこくおうへのちょうせん、To Kill a King)は、2003年イギリスドイツ伝記映画。 監督はマイク・バーカー英語版、出演はティム・ロスダグレイ・スコットなど。 17世紀イギリスで起きた清教徒革命の立役者の1人として、英国王チャールズ1世を処刑し、英国史上唯一の共和制を敷いたオリバー・クロムウェルを、盟友トーマス・フェアファクスとの関係を軸に描いている[4]

日本では劇場未公開だが、2012年7月にWOWOWで放送された[4][5]

ストーリー[編集]

史実との違い[編集]

史実では1635年に亡くなっているアンの父デ・ヴィアー卿英語版が、清教徒革命中の1645年から1660年王政復古までを描いている本作では存命していることになっている。

キャスト[編集]

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、5件の評論のうち高評価は60%にあたる3件で、平均して10点満点中5.67点を得ている[6]

注釈[編集]

  1. ^ 協力プロデューサー (associate producer) 兼務[1]

出典[編集]

  1. ^ To Kill a King (2003) - Full Cast & Crew” (英語). IMDb. 2020年7月20日閲覧。
  2. ^ To Kill a King (2003)” (英語). IMDb. 2020年7月20日閲覧。
  3. ^ To Kill a King” (英語). Box Office Mojo. 2020年7月20日閲覧。
  4. ^ a b クロムウェル〜英国王への挑戦〜”. WOWOW. 2020年7月20日閲覧。
  5. ^ 2012年7月 月間番組表 (PDF)”. WOWOW. 2020年12月22日閲覧。
  6. ^ To Kill a King (2003)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年7月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]